ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

タイムズプラス、会員5万人突破! ~更なるサービス向上へ向け、7月より新規車種を増加~

タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)が提供するカーシェアリングサービス「タイムズプラス」の会員数が5万人を突破いたしました。これを受け、更なる利便性向上に向け、7月より順次、新規車種を増加いたします。

タイムズプラスは2010年6月のブランド変更以降、「ミヂカ」「オトク」「ベンリ」を商品コンセプトに、全国に点在するタイムズ駐車場を活用し、気軽にクルマを利用できる環境を整備しています。お客様の目線にあわせたサービス展開により、配備台数の拡大にあわせ会員数も急速に伸張し、2010年6月末の1万人からわずか1年で5万人を突破しました。

 

 また、タイムズプラスでは、輸入車やミニバン、ハイブリッドカーなどエリア特性に応じて様々な車種を導入しており、現在の採用車種は15種となっています。用途に応じてクルマを気軽に選択できるとご好評いただいている事から、更なるサービス向上を目的に、7月7日(木)よりトヨタ自動車の「新型ヴィッツ」を導入いたします。「新型ヴィッツ」の導入第一弾は、名古屋エリア計10カ所に配備予定です。

タイムズ24では、今後もお客様に選ばれる利便性の高いサービス提供により、カーシェアリング市場の創出を図ってまいります。

 

20110704

 

参考資料

 

― お問合せ先 ―

パーク24株式会社 経営企画本部グループ企画部(パーク24グループ広報) 野澤・袴田

ページの先頭に戻る