ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

【タイムズ24】カーシェアリングを始めるとクルマが欲しくなる!?
~カーシェアリングアンケート調査を実施~

タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、2012年6月29日~2012年7月2日にカーシェアリングサービス「タイムズプラス」会員を対象に、「カーシェアリングに関するアンケート」を実施いたしました。

 

「カーシェアリングを始めてから自分のクルマが欲しいと思った」と回答した人は全体の18%。
特に「若者のクルマ離れ」と言われる該当世代の、10代~20代においてその傾向が顕著に見られました。また、引越し先を決める際に、「カーシェアリングが近くにある」ことが条件のひとつになりつつあり、クルマに触れる機会の創出が、クルマへの興味へ繋がるという結果が得られました。

 

【①満足度】
カーシェアリングの利用者のうち81%がサービスに満足していると回答している。
カーシェアリングの満足している点については、「必要な時だけ使えて無駄が無い」79%、駐車場代や燃料費など「維持費がかからない」66%に続いて、ステーションが「使いやすい場所にある」54%、「24時間いつでも使える」52%という結果となりました。携帯電話や音楽配信同様に、使った分だけの支払い、気軽な利用が支持されている。

20120827-1

 

【②行動変化】
カーシェアリングを利用するようになったことで、「行動範囲が広がった」47%、「外出頻度が高まった」24%と、行動意欲の高まりが見受けられ、カーシェアリングの市場創出は、経済の活性化の一翼を担う可能性がある。さらに、「彼女・彼が出来た」0.5%、友達、家族等と「会う機会が増えた」5%、「生活が豊かになった」14%など、絆の強化や幸福度の向上といった好循環が生まれている。

20120827-2

 

【③クルマのある生活】
引越しをする際に、カーシェアリングが近くにあるかを気にするか、を聞いたところ、「近くにあるところに住みたい」29%、「近くにあるか確認する」54%となっており、実際に「近くにあるところに引越しした」をあわせると84%と非常に高い結果が得られた。

20120827-3

 

【④クルマの購入意欲】
将来的にクルマを購入したいと思ったことがあるか、を聞いたところ、「自分のクルマが欲しいと思った」18%と、購入への意欲がわいており、「購入しようと思っていた」とあわせた「購入意欲あり」は、51%と過半数を占める結果となった。

20120827-4

 

さらに、カーシェアリング利用前後の「購入意欲あり」と、「購入意欲なし」を年代別で見ると、「購入する意欲あり」が「若者のクルマ離れ」と言われる該当世代の、10代~20代において一番高くなる興味深い結果となった。

20120827-5

 

20120827-6

 

20120827-7

 

20120827-8

 

■調査概要
調査対象:タイムズプラス会員(法人除く)
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2012年6月29日~7月2日
有効回答者数:5,616名

 

― お問合せ先 ―
パーク24株式会社 経営企画本部 グループ企画部(パーク24グループ広報) 野澤・杉山
電話:03-3213-8910 Eメール:pr@park24.co.jp

ページの先頭に戻る